MENU

株の短期売買のポイント

株の短期売買を行う際のポイントについては、まず短期の人気や流行りのあるものを株の銘柄として選びます。そして株価の値の動きがある程度あるものを選ぶようにしましょう。もちろん値の動きだけでなく流動性のある株の銘柄を選ぶようにします。短期で株の売買を行うようなデイトレードの場合には、やはり株の銘柄選びに力を入れる必要があります。株価の動きにかなり幅があるような株を選ぶようにします。そして流れのある株がいいと言われていますから、株で流れに乗っているようなものを選びます。そして上向きのトレンドをキープしているものや、上向きのトレンドで押し目のポジションになっているようなものを選ぶことが必要です。押し目になってから反発に変わるまでに5日移動平均線をうわまっているようなものを選ぶのがいいと思います。短期の株取引で買う場合には、どれくらいトレンドが上を向いている状態が続いているのかどうかを見極めます。そして値の動きを見て、幅が広くなっている値の動きの株を選ぶようにします。では株の短期の売るというタイミングについては、トレンドが下向きの状態が続いていること、ということが重要です。株の短期売買をするという場合には動きを確認して少しでも値の動きがあった場合には売買を繰り返して取引利益を上げることになります。デイトレードを行う場合の注意点ですが、株取り引きで一攫千金を狙っているような人の場合には、あまり意味のない投資方法かもしれません。手間もかなりかかりますし、手間がかかるだけでなく、利益は微々たるものですから、大きな利益を上げたくて一攫千金を狙っている人にとっては、意味がありません。短期売買では一攫千金を狙ったような投資方法はできません。そしてパソコンの前にずっと張り付いていなければいけませんから、疲労を伴うこともありますし、投資でミスをしてしまうという人もいますので、その点は注意しておきましょう。株の短期売買では、即日で完了して取引が終わりますので、明日まで株を持って持ち越すことはありません。ですから、経済の動きが大きく変わったり、テロが起きてしまったりしても、大暴落になると心配しなくてもいいというメリットはあります。株の短期売買をする場合には、このようにメリットもデメリットもありますのでポイントをついた取引をするといいと思います。初心者にとってはなかなか大変ですから、ある程度慣れてきてから行うのがポイントです。

株の追証

株取引をしていると、株の追証と言う言葉が出てくると思いますが、この追証と言うのは、証券会社にお金を預けるお金が、信用買いや信用売りをしたときに損をしたことで、減ってしまったことから、足りなくなる場合がありますが、その場合に足らなくなったお金を追加で証券会社に入れることを言います。追加保証金と言う言葉を略して追証と言います。簡単に行ってみると、信用取引に使うお金と、預け入れているお金の彩さんが合わなくなったので、足りないものをお金を増やすと言うことになります。これは自分で気がつかない人が多いので、証券会社から、お金を追加してくれるように、連絡が入りますので、その連絡が入ったらお金を追加しないといけません。信用売りや信用取引だけにこの株の追証と言うのは行われるので、現物取引をするという場合には、ありません。どんなくらい損害が出ると保証金がどれくらいの量が減るのかと言うと、それについては初心者にとってはわからないと思います。どれくらいの損が出てお金がどれくらい減るのか、それは、だいたい最低保証金維持率と言うのは、20%と決められています。ですから、証券会社は、最低保証金維持率の20%を切れば目安に連絡が入ると言うことになります。具体的に例を挙げて見ると、50万円委託保証金を入れていったとして、限度額の100万円分を株の保証金維持率として預けていて、信用買いすることになります。委託保証金の金額を建て玉で割ったときに出た数字が、維持率と言うことになります。維持率が20%を切ってしまったら、証拠金を追加で預けなければいけないことになります。株の追証が出た場合には、追証が出てしまった日を合わせて3営業日の12時までに足りなくなった分の委託保証金を証券会社に預け入れることになっています。証券会社によっては、違っているのでよく確認しておきましょう。もしもここで、株の追証のお金を入れることができなくなってしまったら、どうなるのでしょうか。これは株の主の思いとは関係なしに、反対売買が行われて、強制決済が行われ、損失の確定になります。株主にとって強制決済と言うのは、自分の意思とは関係なしに、売買することになりますので損害につながります。株取引で初心者は失敗しやすいと思いますが、追証の連絡が来るまで放っておかずに、それまでに損切りをするということを行った方が損害を減らすことができると思いますので、損切りをした方がいいでしょう。

 

株の買い方

投資家が株を売買するためには、証券会社に注文をだす必要があります。投資家による証券取引所での直接やり取りや立ち入りは禁止されているため、仲介役を担う証券会社を通して行われます。売買をするための準備として、証券会社での口座開設が必要です。身分証明書と印鑑があればできる簡単な手続きになり、口座開設後に初めて株の注文を証券会社に出すことができます。この時、売買したい株についてどこの株式市場か、どの銘柄か、何株かを指定します。株は1株では販売していませんので、定められている単元に基づいて株数を指定します。100株1単元、1000株1単元など、最低限の売買可能株数が銘柄によって1単元として定められています。また、注文の出し方にも、成り行き注文と指し値注文の2パターンがあります。成り行きは、いくらでもいいから売買したいと注文する方法で、売買のやり取りはほぼ成立しますが、いくらで成立するのかはわかりません。指し値は自分が売買したい値段を指定して注文する方法になるので、売買の取引が成立しない場合があります。売買の注文は基本的には注文を出した日のみになりますので、その日のうちに不成立の場合でも、注文は翌営業日に持ち越しはされません。売買の注文方法は投資家や状況によって違いますので、どちらが正しいということはありませんが、確実に取引をするという意味合いでは、成り行き注文が主として行われているようです。投資家と証券会社間の売買の注文や情報のやり取りは、以前は店舗や電話で行われていましたが、現在はオンライントレードが登場により、インターネット上で株の売買のすべてのやり取りをすることも可能です。また、オンラインではPTSと呼ばれるシステムによる、夜間取引のサービスを取り入れている証券会社もあります。証券取引所の営業時間は9時から15時までで、終了した時点で株の取引は終了となりますが、PTSは証券取引所を通す必要がないシステムのため、夜間の取引が可能になっています。取り扱い銘柄、取引方法、取引時間などは、証券会社によって違いはありますが、日中仕事などで忙しい人でも株取引を行うことができるので、注目されています。このように、証券会社を選ぶ場合は、大手だから良いというわけではありません。取り扱い銘柄や手数料、また、自分の生活や投資方法などにあった証券会社を選ぶことが円滑な株投資、及びリスク回避につながります。また、証券会社によって提供する情報が違いますので、情報収集を目的に複数の口座を開設するのもテクニックの1つとなります。

 

チェックツール


 

登録サイトのデータ更新と検索


 

 

最新登録サイト表示

#サイト名PRリンク
1キャッシング 審査 甘い10
2キャッシング10
3http://xn--49s538b3pm84e8vbh7n60

TOP紹介サイト

#サイト名PRリンク
1キャッシング 審査 甘い10
2キャッシング10
3脱毛ラボ 宮崎50
4http://jimmydoolittlemuseum.ne50
5車高値買取 高く買い取ってくれる業者50
6車買取 田川50
7車買取 富士宮50
8車買取 中間50
9全身脱毛 おすすめ50
10かに通販50
11車一括査定のおすすめ50
12遺品整理のための着物・骨董品・切手・古銭・時計の買取を浜松で50
13遺品整理のための着物・骨董品・切手・古銭・時計の買取を大分で50
14即日 借入れ50
15即日融資のカードローン|今日中に借りるカードローン厳選3社50
16遺品整理のための着物・骨董品・切手・古銭・時計の買取を奈良で50
17hatumoe.konjiki.jp/50
18遺品整理のための着物・骨董品・切手・古銭・時計の買取を神奈川50
19銀座カラーの店舗60
20http://xn--49s538b3pm84e8vbh7n60
21ライスビギン 最安値60
22ライスビギン60
23遺品整理のための着物・骨董品・切手・古銭・時計の買取を熊本で60
24キャッシング おすすめ60
25遺品整理のための着物・骨董品・切手・古銭・時計の買取を東京で60
26遺品整理のための着物・骨董品・切手・古銭・時計の買取を兵庫で60
27遺品整理のための着物・骨董品・切手・古銭・時計の買取を甲府で60
28山形市キャッシング・カードローンで借入しやすいのはどこの会社60